宅建は独学でも資格取得が可能!様々な場面で役立つ資格

社会人でも合格を目指せる

家の模型

何か資格を取りたいなら

社会人でもスキルアップや仕事に役立てるため、何か資格を取りたいと思っている人も多いでしょう。もちろん、どういった資格が役立つかは、就いている職種やその人の能力によっても異なります。そんな中でも、宅建の資格は取得して損ないでしょうし、いろんな場面で役立つでしょう。法律系の資格の中では、比較的ハードルの方も低くなっているので、独学でも合格することは十分に可能です。宅建は、主に不動産業を営む上で必須となる資格ですが、それ以外の職業でも役立つ資格となっています。例えば、金融業でも不動産に関する知識は必要ですし、飲食店を経営する場合にも、やはり不動産のことは知っておかないといけません。このように、宅建は幅広く活躍できる資格ですから、独学で取得するだけの価値は大いにあります。

学習方法はどうすべきか

宅建を独学で学習するための方法ですが、大学時代に法学部に所属していたり、他の法律系資格の学習経験がある人なら、すでに基本的な知識はあるでしょうから、テキストを活用しつつ問題集や過去問題をメインに学習すればいいでしょう。一方で初学者の場合は、まずはテキストで基本的な知識を身につけていく必要があります。ただ、ここであまり時間をかけるのではなく、ある程度の基礎を抑えたのであれば、その後は問題集を使った実戦学習を行いましょう。社会人の場合、どうしてもそこまで多くの学習時間を取れないでしょうから、効率的に独学をしていくためにも、メリハリを付けた学習が必要になってきます。あとは、隙間時間なども活用しながら、宅建の資格取得に向けて頑張っていきましょう。

資格取得のための通学

保育士と児童

大学や専門学校で保育士になるための勉強をすることは、実際の現場ですぐに働けるための知識を得るために必要なことです。短大や専門学校か、もしくは4年制大学のどちらで学習するかについては、それぞれのメリットがあり、自分に合ったほうを選ぶことが大事です。

リハビリのスペシャリスト

女の人

「話す」「聞く」「食べる」など、人間が生きていく上で重要な行為のリハビリを行うのが「言語聴覚士」です。高齢化社会や福祉社会の充実が望まれている現代には欠かす事が出来ない国家資格と言えるでしょう。活躍の場も、医療や福祉の現場は勿論、学校などにも広がっています。

企業で求められている

男女

マネジメント能力は企業内でも、非常に重要視されている能力の一つです。マネジメントに関する資格も多数ありますから、企業内で役所を目指す方や給与アップを目指す方は、マネジメントに関する資格の取得を目指すのも良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加