宅建は独学でも資格取得が可能!様々な場面で役立つ資格

リハビリのスペシャリスト

女の人

人に寄り添い手助けする

高齢化社会や福祉の充実が望まれる現代、注目されている国家資格があります。それが「言語聴覚士」です。言語聴覚士は、人間が生きていく上で重要な行為「話す」「聞く」「食べる」という機能に障害を持った人のリハビリを行うプロフェッショナルです。大学や短期大学、専修学校などに進学し専門の勉強をした後、受験資格を取得し国家試験に臨みます。国家資格を取得した後には、医療分野は勿論、福祉や行政、民間企業など様々な場所で活躍出来ます。言語聴覚士が対応する患者さんは、年齢や症状も様々です。人に寄り添い役に立つ仕事に就きたいと思っている人は、是非専門の学校で言語聴覚士の仕事を身に付け、福祉社会に欠かせない人としてお仕事をしてみませんか。

教育現場でも活躍

言語聴覚士が対応する症状はどんなものがあるのでしょう。脳卒中や脳障害により、話す・書くなどの行為が難しく、言葉を思い出しにくくなる「失語症」が代表的な症状でしょう。他には脳機能障害により唇や舌の動きが悪くなり、ろれつが回らなくなる「運動性構音障害」があります。また言葉の一部を繰り返したり、詰まってしまうなどの「吃音」、さらに声が出にくい「音声障害」、生まれつきや加齢などにより聞こえが悪くなる「聴覚障害」があります。人によっては食べ物を咀嚼したり飲み込みが難しくなる「嚥下障害」などを感じるかもしれません。障害を持った患者さんが、今より質の高い生活が出来るように、その症状に応じて訓練・指導のプログラムを組むという大切な仕事を言語聴覚士はになっています。近年、子供達の「ことばの遅れ」などの発達障害が問題になっているのが学校の現場です。言語聴覚士は学校でも教師たちと連携し、子供達の為のプログラムも作っているのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加