宅建は独学でも資格取得が可能!様々な場面で役立つ資格

資格取得のための通学

保育士と児童

特定のカリキュラムが必要

子供が好きな人にとって、保育士という資格は適職とされる仕事の1つと言えます。最近は大学や専門学校を出ていなくても保育士になれる条件が緩和されていますが、基本的にはこのような教育機関で必要な知識を習得した上で保育士になる人が大半です。保育士になるためには、短期大学や4年制大学、専門学校で、幼児に関する知識を学ぶ他、実際の現場に出て実習を行う必要があります。知識と実際の現場での学習の両面をしっかり学び、資格取得後すぐに現場で動くための準備段階が、教育機関での学習となります。なお、近年は男性の保育士希望者も増えてきており、大学などで保育士取得のカリキュラムを選ぶ人が多く、実際に保育園で働く人の割合も高くなっています。

どの教育機関を選ぶか

保育士の資格を取得するには、短大、4年制大学、専門学校のどれかで必要な知識を習得することは前述しました。それでは、いざ自分が通学するとなると、どの教育機関を選ぼうか迷う人はかなり多くいます。そこで、短大や専門学校を出た場合と、4年制大学を出た場合とに分けてメリットの違いを説明します。短大や専門学校を選んだ場合、学習期間は2年から3年が普通です。短い期間で多くのことを学ばなければいけないので、毎日の課題をこなすのが大変ですが、資格を取得すれば早く就職できて現場に溶け込むことができるのがメリットです。一方で4年制大学に行った場合は、就職は短大などよりは遅くなるものの、学習時間に余裕ができる他、幼稚園や小学校教諭などの別の資格も併用して取りたい人には最適です。

このエントリーをはてなブックマークに追加